【京都市】相続税対策の重要性とは?終活で相続相談を

  • TOP
  • 【京都市】相続税対策の重要性とは?終活で相続相談を

京都市で相続税対策を考えているなら、どのような財産に税金がかかるのかを知っておく必要があります。後見人がいる場合もいない場合も、相続では税金がかかることが多々あるのです。相続税対策を行うことで節税もでき、残された家族に対しての負担も減らせます。

もし終活ができるなら生前贈与などの制度も利用して、相続税の負担を軽くしておきましょう。こちらでは、相続税対策の必要性や相続税をなぜ支払う必要があるのかをご紹介します。

そもそもなぜ相続税を支払う必要があるの?

ビジネスマンの手のひらに浮かぶクエスチョンマーク

京都市で相続税対策を考えているなら、まずは税理士事務所に相談してみるのも一つの方法です。財産を相続する時に考えたい相続税対策や生前対策などはプロに相談することで解決策が見つかります。

下記では、なぜ財産を相続した時に相続税を支払う必要があるのかについて解説します。

所得還元での税金のため

所得還元とは生前に故人が払うはずだった所得税の代わりとして、相続税を払うことを指します。例えば、被相続人が住居用としてマンションを所有していたとします。その場合、マンションで利益を得ているわけではないので、資産価値の高い財産を所有していたにもかかわらず所得税は発生しません。

そのため相続の際に、被相続人から徴収できなかった分を相続人に支払ってもらおうというのが所得還元です。理不尽なようにも感じますが、相続財産は不労所得であるため、それに対して税金を払うと考えれば納得できるのではないでしょうか。相続税の課税対象となるものは給料、不動産などがあり、保険金や年金は対象外です。

所得の格差を無くすため

相続税が必要となるのは、一個人にお金が集中しないための制度でもあります。貧富の差がある日本では、不動産などの資産がある人とそうでない人がいますが、富の格差がありすぎると、昔のように貧富の差が大きくなると考えられます。

その差を少しでも無くすため、不動産などの資産を持っている人からは相続税という形で税金を納めさせ、富の再分配を図っています。京都市で相続税対策をしたい方の中には、不動産に対しての悩みなどもあると思いますので、相続税を少しでも抑えたいのなら、まず税理士事務所に相談してみましょう。

木村研一税理士事務所では、終活における相続税対策の相談に応じます。生前対策などをご検討している場合は、ぜひ木村研一税理士事務所にお声かけください。

相続税対策を行う重要性

相続税申告書

相続税対策を行う必要があるのは、高額の遺産を相続する富裕層だけであると考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、相続税の問題は一般家庭の場合でもありうるのです。

遺産を相続した際は必ずしも相続税が加算されるわけではなく、課税遺産総額が基礎控除額以下であれば、相続税は課税されません。
相続税の基礎控除の計算式は以下のとおりです。

3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

計算式を基に法定相続人が2人だと仮定して計算すると、基礎控除額は4,200万円となり課税遺産総額がそれ以下であれば課税は必要ありませんが、それ以上だと相続税が発生します。

遺産には現金だけでなく不動産なども含まれるため、京都市にある不動産を相続する場合相続額が基礎控除額を超える可能性も充分にあり得ます。その際に、相続税対策を行っているかどうかで、手元に残る金額に大きな差が生まれる可能性があるのです。

だからこそ、相続する財産が基礎控除額を超えるようであれば、相続税対策をご検討ください。ただし、誤った相続税対策では脱税となる可能性もあるので、相続税のプロに相談することをおすすめします。

京都市の木村研一税理士事務所では、相続に関するご相談を承っております。ご家族のために終活で遺産問題が発生しないようにしたいという方も大歓迎です。これまでの経験を活かして最適な方法をアドバイスいたします。京都市で相続に関するお悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

終活で相続対策を!京都市で相続の相談をするなら木村研一税理士事務所へ

京都市で相続税対策をするなら、なぜ相続税の仕組みや節税の方法などを知っておけば、相続の際の心配事が減ります。近年では終活なども人気がありますが、生前対策を行っておけば、残されたご家族のためにもなりますので、早めに行動しましょう。京都市で相続税対策をしたいなら、まずは信頼のおける税理事務所に相談してみましょう。

相続税対策のご相談に対応する京都市の木村研一税理士事務所では、長期的な相続対策をご提案いたします。京都市で相続対策の相談がしたい方は、お気軽に木村研一税理士事務所までお問い合わせください。

京都市で相続税対策の相談をするなら木村研一税理士事務所へ

事務所名 木村研一税理士事務所
代表者 木村 研一
住所 〒616-8417 京都府京都市右京区嵯峨大覚寺門前六道町57
電話番号 075-873-1825
FAX番号 075-873-1833
URL https://www.kimurataxoffice.jp/
営業時間 9:00~17:30
定休日 日・祝日